ヘルペス 赤ちゃん

赤ちゃんにヘルペスが感染するのは親がキスするから?

ヘルペスと聞くと、赤ちゃんではなく大人の性器や唇の周りなどに発症する病気のイメージがあります。

ですが、大人だけでなく子供や赤ちゃんも感染し、発症する危険性があります。

赤ちゃんには、主に人間の皮膚や粘膜に水ぶくれができ、かゆみや痛みを伴う場合があるのが特徴です。

基本的に比較的強い感染力があるウィルスです。

赤ちゃんにうつると危険?

人から人へとうつるため、発症した患部に直接触れてしまったり、赤ちゃんに間接的にも発症している人が使用したタオルや食器、グラスからも感染する場合があります。

ウィルスは、体内に入ると潜伏し体調を崩したり、風邪などを引いてしまったなどで体の免疫力が低下した場合に活性化、増殖し、発症してしまいます。

親が感染している状態で、赤ちゃんや子供にキスしてしまったりすると、唾液から感染することもあるので注意しましょう。

また、赤ちゃんには感染してもすぐに発症するとは限らないため、感染している自覚がない成人している方の大半は、乳幼児の時期にウィルスに感染しているといわれています。

ヘルペスウィルスは、発症後治療し、症状が治まった場合でも、体内に潜伏している場合も多く、体の抵抗力が下がると、再発する危険性がかなりあります。

赤ちゃんがかかりやすいヘルペス感染症は、ヘルペス性口内炎です。

症状は、高熱から始まり、唇やその周辺、口内に水ぶくれができ、赤く腫れてしまうこともあります。

かなりの痛みを赤ちゃんでも伴う場合もあり、やっかいな病気です。

お風呂に赤ちゃんと一緒に入るとヘルペスがおしりや体にできる?

乳幼児の場合には、痛みなどから授乳を嫌がり、赤ちゃんがミルクを飲まなくなる場合もあります。

そのため脱水症状になる可能性もあり、赤ちゃんの症状が重症の場合には、入院して点滴治療をしてもらわなければならない場合もあります。

治療には、抗ウィルス薬でウィルスの増殖を抑えることで症状を抑えます。

また、妊娠中の母親がヘルペスに感染する場合があります。

その状態だと赤ちゃんが胎内にいる時、また、出産時の産道でウィルスに感染してしまう場合があります。

感染すると、出生後だいたい2日間〜7日間前後で発症する率が高いです。

赤ちゃんがミルクを吸う力が著しく弱くなったり、呼吸障害や肝機能に障害がでることも稀にあります。

黄疸が見られる場合もあり、重症の場合には、中枢神経までウィルスが感染してしまうと、脳症を起こすような危険性も過去の統計からあります。

新生児の様子がおかしいと感じたらすぐに診察をしてもらい、早めの治療をしてもらいましょう。

治療せずにいると、赤ちゃんが死に至る場合もあります。

赤ちゃんにヘルペスウィルスを感染させないためには、母親の予防対策が重要です。

手洗いをまめに行い、口移しで食べさせたり、赤ちゃんの食器を共有することはできるかぎり避けましょう。

赤ちゃんに親や大人がヘルペスを感染させない方法はあるのか?

大人から乳幼児の赤ちゃんへのキスもしないことで、唾液による感染を防ぎましょう。

ベッドシーツやタオルなども共有することで感染する可能性があるので注意しましょう。

また、家族や友人でヘルペスを発症している場合にはどうでしょうか。 赤ちゃんの出産後にお見舞いなどに行くのを控えるように、ここでは注意してください。

できるだけ感染する可能性がある場合には、接触を避けるようにすることが大切です。

赤ちゃんや乳幼児に感染させないためには、大人が発症しないことも重要です。

発症することで、感染率が上がる可能性があるためです。

大人が発症しないためには、とにかく免疫力を高めることでウィルスの活性化を抑えることが重要なポイントです。

そのためには、健康的な生活を心がけることが必要です。

睡眠不足や夜更かしなどはせずに、大事な赤ちゃんに規則正しく生活できるように生活習慣をもう一回、見直すこともかなり大切です。

食事もおろそかにせず、偏りのない栄養バランスのとれた食生活も大事です。

赤ちゃんのストレスを溜め込むことでも、体にとっては不健康な要因になりかねません。

ストレスをうまく発散できるような生活を送ることも赤ちゃんのヘルペス予防になります。