ヘルペス 口内炎

口内炎はヘルペスとは違い舌や喉にもできる?

ヘルペス性口内炎とは、唇や舌などの口内、また喉にも発症する場合があります。

乳幼児、特に生後6ヶ月以降に発症率が高い傾向があります。

口内炎疾患の中では、痛みが激しい部類に入ります。

ヘルペス性口内炎は、単純ヘルペスウィルスに感染することで発症します。

口内炎とはできる理由が異なる?

口内で潰瘍ができてしまい、赤く腫れ上がり、痛みが比較的激しく、発熱なども伴う場合があります。

口内炎は、主な感染は外部が感染経路になります。 単純ヘルペスウィルスに感染している人がタオルやグラスなどの食器などを使用し、それらを家族や他の人がなんらかの形でどうしても触れてしまいます。

ウィルスがついた状態で食事などしてしまうと、そこから体内にウィルスが感染してしまいます。

ヘルペス性口内炎は、ウィルスが感染してから即、発症するとは限りません。

数日から10日程度潜伏した後に発症する傾向があります。

症状としては、口内の炎症や、痛みの他にも、高熱が出てしまったり、更にリンパがはれる場合もあります。

口内に小さな水ぶくれができる場合もあり、それに触れてしまうことで破裂すると、潰瘍ができてしまいます。

そのため、水ぶくれは、できるだけ触れないように注意し、口内炎を破裂させることがないようにしましょう。

治療には、抗ウィルス剤などでウィルスの増殖を防ぎ、痛みが酷い場合には鎮痛剤、発熱している場合には解熱剤を使用します。

発症後、発熱した場合には数日で熱は治まることも多いですが、口内炎を完治するには、約1週間〜10日程度かかるといわれています。

口内炎やヘルペスのケアは大人も子供も難しい

口内炎で熱や痛みがひどい場合には、食事の際、染みるような刺激物を避けるほうがいいでしょう。

ヘルペスや口内炎の痛みがひどいと食べ物を飲み込む時に苦痛を伴ってしまうためです。

また、発熱していると、食欲がわかない場合もあります。

しかし、食事をせずにいると栄養をしっかりと摂ることができないため、体の抵抗力が下がり、更にその影響で治りも悪くなってしまいます。

口内炎は食欲があまりない場合でも、できるだけ食事を摂るように心がけることも大切です。

予防するためには、感染者からの接触をなるべく避けることです。

子供にかかりやすい病気であるので、大人が子供に対して注意深く配慮してください。

大人は発症していなくても、口内炎のウィルスを潜伏させている場合もあります。

口内炎は子供に対してキスしてしまったりすると、ヘルペスは唾液にウィルスがいた場合に感染する危険性が少なからずあります。

また、大人でも子供でも共通して免疫力を高めることが大事です。

口内炎とヘルペスが同時にできることもある?

ヘルペスウィルスは、免疫力が低下した場合に活性化してしまいます。

そしてウィルスが増殖してしまうことにより、口内炎が発症します。

そのため、口内炎は体調不良や、疲労、風邪などで免疫力が低下した時、発症の危険が増しますので、できるだけ、それによって免疫力が下がらないように、まずは心がけることが大切です。

普段からの規則正しく生活するのはもちろんのこと、食事などもしっかりと栄養がバランスよく摂れるようにしましょう。

栄養が体にしっかりと補給されることにより、免疫力の低下することもなく、これはヘルペス以外の病気なども未然に防ぐことにつながります。

また、運動もせずに自宅にひきこもったりせずに、口内炎だからと言って外に出て活発に運動をするのも大切なことです。

運動することにより、代謝機能を高めることにもなりますので、口内炎は老廃物などの排出もうながすことにもつながります。

口内炎は外に出ることで、適度に太陽の光を浴びることでも体にいい影響を与えるでしょう。

ストレスを溜めないことも重要です。

適度な気分転換をするといいでしょう。

ヘルペスに関する正しい知識を身につけ、口内炎の発症や再発を防ぎましょう。

また、発症してしまった場合でも、家族や他の人々への感染を防ぐこともとても重要です。

口内炎は免疫力の低下を防ぎ、健康的な生活を送ることがとても大切です。