ヘルペス オロナイン軟膏

オロナイン軟膏は顔や鼻のヘルペスに塗っても大丈夫?

唇やその周辺の皮膚に赤い水泡ができた経験がありオロナイン軟膏を塗ったことがある方もいるでしょう。

また、オロナイン軟膏は性器などにも似たような赤い水泡ができて、痛みやかゆみがあった経験をした方もいるかもしれません。

それらの症状は、ヘルペスウィルスの感染が原因です。

ヘルペスウィルスは、感染後すぐに発症することはあまりありません。

かさぶたに有効なオロナイン軟膏

体内に潜伏し、感染した人が体調不良などで抵抗力が低下してしまった場合などに、ウィルスが増殖して発症しますのでオロナイン軟膏で治療しましょう。

また、大人だけでなく、子供や赤ちゃんにもヘルペスは発症することもあります。

特に乳幼児の6ヶ月以降には、ヘルペス性口内炎などを発症しやすい傾向があります。

また、オロナイン軟膏は母親が身ごもっている時に、母親自身がヘルペスに感染していると、胎内、または、出産の時に赤ちゃんがウィルスに感染する場合があります。

ヘルペス性口内炎では、発熱から始まり、数日後に口の中に水疱ができたり、赤く腫れてしまう場合があります。

オロナイン軟膏を塗ってもかなりの痛みがあるため、乳幼児が発症した場合には、ミルクを飲まなくなることもあります。 そのため脱水症状などを引き起こす場合もありますので、乳幼児の元気がない、ミルクを飲まないなどの状態の時は、このタイミングで早急に病院で診察をしてもらうようにしてください。


汗止めの市販薬


顔だけでなくおしりのヘルペスにもオロナイン軟膏

口唇ヘルペスなどの場合、主に唇や唇周辺に症状が現れますが、場合によっては鼻の周辺や鼻の粘膜、また目の周辺などの皮膚にも症状が現れる場合がありますのでオロナイン軟膏でケアしましょう。

症状を抑えたい、治したい場合に、市販のオロナインなどを塗るなどの情報がネット上に流れています。 治りかけのヘルペスにそれほどの効果がみられるものではないと考えられています。

ヘルペスウィルスに感染し、発症した場合には病院で適切な治療を受けることが大切です。

専門家によるオロナイン軟膏よりも治療を受けるほうが治りも早いので安心です。

ヘルペスは、治りかけて治療をして症状が治まったとしても体内にウィルスが潜伏していることがあります。

そのため、オロナイン軟膏だけではなく風邪や体調不良、寝不足、ストレスが溜まっているなどです。 健康状態に問題が出て免疫力が落ちてしまうとこれが再発することがあります。

そのため、発症しないよう再発を予防することが一番に重要だといえます。

ウィルスが活性化するきっかけとなるのが、オロナイン軟膏の前に免疫力が低下した時なのでなるべく免疫力が落ちないように普段から気をつけることが大切です。

免疫力を高めるために重要な事は、規則正しく生活し、できるだけ治りかけのヘルペスでも健康のバランスを維持することです。

不規則な生活を常に続けていては、体調不良を起こしてしまいます。

また、オロナイン軟膏以前にタバコなども健康には害となるために極力控えるといいでしょう。

オロナイン軟膏だけでなく治療には日々の生活習慣を改善

オロナイン軟膏での治療法もありますが、お酒などは大量にアルコールを摂取せず、適量を心がけましょう。

また、ヘルペスは適度な運動も体の代謝機能をよくするので、これが免疫力にもいい影響を与えるはずです。

休日には、オロナイン軟膏だけでなく積極的に外に出てスポーツなどで体を動かすといいでしょう。

ストレス発散にもなりますし、ストレスを溜めないように自分の趣味などに没頭して気分転換をするのもおすすめです。

スポーツが苦手な場合や、趣味など特にない方は、近所の公園などに散歩するなどして、気分をリフレッシュするのもストレス解消や軽い運動のかわりには最適です。

その他にも、ヘルペスにオロナイン軟膏を塗る以外に食事も脂っこい食べ物を中心とした偏った食事などもよくありません。

偏った食事は栄養バランスが崩れますし、体にあまりいい影響を与えることはないでしょう。

栄養バランスのとれた食事になるように毎日工夫してみてください。

栄養がしっかりと摂れることで、健康維持や免疫力を高めることになるはずです。

ヘルペスは治りかけまで行っても、オロナイン軟膏だけでなくいかに発症させないようにするかが重要なポイントです。

免疫力を高め、発症を防ぎましょう。

また、子供や乳幼児に感染しないよう、大人がしっかりと注意し、不用意に接触や間接的に接触してオロナイン軟膏を塗布するなど感染拡大しないようにすることが大切です。